dan haus

staff blog

スタッフブログ

住宅の気密性能

住宅には様々な性能が求められます。
耐震性能、耐久性能、断熱性能などの他にも防火性能、防音性能、防犯性能など。
そして、意外に大切なのが「気密性能」です。
気密性能は、隙間をできる限り減らし室内の空気を屋外と分断する性能のことです。
気密性能を上げるためには、窓や玄関ドアと壁、壁と床、壁と壁、壁と天井、スイッチ・コンセント廻りなどの「隙間をなくす」必要があります。
気密性能の高い住宅は、室内の温度や湿度をコントロールしやすいため快適性に優れています。
さらに、暖冷房などで調整した室温を効率的に維持でき省エネにもなります。

↑ 隙間が大きいと正しく換気されません。

 

気密性能を保つためには、適切な窓の選択や施工の際の気密工事などが重要になってきます。

こちらは、気密住宅の気密工事の一部です。シートが天井一面と、壁と天井の間に施されていることが解ります。

断熱性能を上げるためにも、気密住宅を建てるのがおススメです。